中学受験に合格

中学受験中はインフルエンザの予防をしておく

受験はその人の一生を左右するといっても過言ではありません。
志望校に合格するか否かで、その後の進路がかわることもあり得るからです。
多くの人が最初に経験する受験は中学受験だと思われますが、中学受験では受験生はまだ小学生です。
そのため体力も弱く、体調を崩しやすいということも心配されます。
特に受験のシーズンには必ずと言っていいほどインフルエンザが流行します。
そこでしっかり予防して、万全の体制で中学受験に臨みたいものです。
インフルエンザ予防としては一般的に言われるように、外出する際にはマスクを着用して、帰宅したらうがいと手洗いをするということが挙げられます。
それから加湿器などを使って部屋が乾燥しないように注意しなければなりません。
また、勉強中にうたた寝をして体が冷えないようにという注意も必要です。
そしてこれら以外にインフルエンザ予防として大切なことは、睡眠をしっかりとるということです。
いくら勉強をしたくても睡眠はしっかりとりましょう。

 

中学受験で偏差値60の学校を目指している谷島(仮名)さんの体験談

 

僕が中学受験をしようと決めたのは、山中教授のノーベル賞に感動して、僕も将来、京都大学へ入って、山中教授のように素晴らしい研究を成し遂げる研究者になりたいと思ったからでした。
でも中学受験の準備を始めたのが、6年生からとみんなよりもちょっと遅く、偏差値が第一志望にはちょっと届かないと言われました。
中学受験を辞めてしまおうかとも一瞬思いましたが、親や先生から今の僕の偏差値から狙える中学からでも京都大学へ進学することは十分可能だから、今の実力でも十分行けるところで頑張ってみないかと言われて、やっぱり頑張ろうと思えるようになりました。
一生懸命に頑張って、まずは中学へ入って、その後第一志望に行った人たちにも負けないくらいもっと頑張って絶対に夢を叶えます。