中学受験に合格

中学受験とストレスの関係性

最近では都会を中心に中学に入るための受験、つまり中学受験を実施している学校もあります。
特に私立の有名中学校への競争率は高く受験もそう簡単なものではないです。
基本問題は当然ですが応用問題も多く出題されます。
そのために小学校から塾などに熱心な子どももいるのです。
しかし、あまり勉強ばかりだと精神的に追い込まれる事もあり、子どもへのストレスも心配になります。
実際、ストレスは勉強によってたまる事もあり親の接し方ではストレスが倍増するおそれもあります。
その点では中学受験人がいる家庭では親の接し方は重要です。
まず勉強の仕方、学校でのテスト、塾でのテストが思わしくない時でも叱るばかりしない事です。
親が叱りばかりしていると子供はすごくプレッシャーを感じたり、精神的に暗い状態が続きます。
そうなると普段の生活においても明るくできない状態になります。
精神的に安定している事も受験にとって良い成績を残すのに良い影響を与えます。
中学受験を控える場合は親は子供の精神的な部分もケアする必要があるのです。

 

オープンスクールに行って受験をする事に決めた矢倉(仮名)さんの中学受験体験談

 

私は小学4年の時から中学受験を考えて、進学塾に入りました。
補習中心の塾とは違い、学校の先取り授業や受験問題を扱った授業もあります。
中学受験の志望校として何校か選びオープンスクールに行ってきました。
学校は広くて設備も立派です。
オープンスクールに行って、絶対私立中学に入学したいという気持ちが大きくなっていきました。
行った学校を第1志望にして、他に何校か説明会に行った学校を中心にして志望校は決まりました。
他に試し、という意味で千葉県の学校も受験することに決めました。
志望校が決まった後はひたすら勉強するのみです。
塾だけでなく、自宅でも塾のテキストを何回かやりました。
前日にはこれで大丈夫、という自信がついてきました。
結果は何とか合格することが出来ました。
塾の先生、ありがとうございました。
今後も勉強に励んでいきます。